CLASSY CLUB(クラッシィクラブ)|AERA Vol.16 松陰神社前|関東、関西エリアの新築分譲マンション 住友商事の住まい『クラッシィハウス』 -CLASSY HOUSE- 目指したのは、都市に新しい価値を生み出す、ひとクラス上の住まい。

  • 住友商事
  • 住商建物
  • 文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

クラッシィハウス トップクラッシィクラブAERA > Vol.16 松陰神社前

AERA Vol.16 松陰神社前松陰神社前エリア AERA Vol.16 松陰神社前

住みたいエリアとして人気の高い世田谷区にあって、最近注目を集めている「松陰神社前」駅周辺エリア。昔ながらの商店街や緑豊かな住宅街の中に個性あふれる店が続々オープンし、新旧入り混じった独自のカルチャーを発信し続けています。路面電車の走る街並みが絵になる、「松陰神社前」についてご紹介します。

  • 都心とは思えない静かさが魅力。等身大の暮らしが育まれる街
  • ゆるやかな結びつきが心地よい、地域密着型スポット
  • 個性あふれる店には「好き」が詰まっている

都心とは思えない静かさが魅力。等身大の暮らしが育まれる街

三軒茶屋へ自転車でも出かけられる距離

「新宿」駅につながる京王線・小田急線と「渋谷」駅につながる東急田園都市線をつなぐ役割を持つ東急世田谷線。全長5㎞、全10駅とコンパクトですが、世田谷区の東部を走る地域密着型の路線です。

東急世田谷線の拠点「三軒茶屋」駅へは、東急田園都市線で「渋谷」駅から急行で4分。レストラン、シアターなどを有するキャロットタワーが目印のこの街は、生活利便性の高さと飾らない街の雰囲気に世代を超えた人気が集まっています。

松陰神社前周辺MAP

「三軒茶屋」駅から東急世田谷線で6分、3駅目に当たる「松陰神社前」駅は、名前の通り「松陰神社」、その門前通りでもある「松陰神社通り商店街」を中心に栄えてきたエリアにあります。三軒茶屋へは自転車でも10分もあれば到着できる距離にあり、日常のショッピングや食事に便利。また小田急線と接続する「山下」駅、京王線と接続する「下高井戸」駅で乗り換えれば「新宿」駅へのアクセスも良好。なにかと小回りのきく路線です。

歴史を尊びながらも、新しいものを柔軟に吸収した魅力あふれる街

「渋谷」駅まで約10分という地にありながら、世田谷区有数の遊歩道「烏山川緑道」など緑が多く落ち着いた雰囲気のある松陰神社前エリアには、懐かしい雰囲気を残す「松陰神社通り商店街」を囲むように静かな住宅街が広がっています。「松陰神社通り商店街」は、店主とお客さんがとても近いアットホームな雰囲気のあふれる店が並ぶとともに、若く個性あふれる新規店がバランス良くミックスされた商店街。必要なものが揃っていながらコンパクトに生活できるエリアは、特に若い世代からの支持が高まっています。

東急世田谷線

東急世田谷線

烏山川緑道

烏山川緑道

交通量が少なめで、買い物をしながらゆったりと歩ける「松陰神社通り商店街」は、お店がコンパクトに集まっているからこそ毎日の買い物がしやすいのも魅力。毎月開催されている「松陰神社通りのみの市」などのイベントも多く、大型ショッピングスポットでは得られない買い物体験を楽しむことができます。

松下村塾を開き、学問を説いた吉田松陰を祀る松陰神社のおひざ元で、子育てやカルチャー、音楽、アートを学ぶためのイベントを主催するカフェやショップも豊富。小さなコミュニティーが街のあちこちで芽吹いています。

松陰神社通り商店街

松陰神社通り商店街

世田谷の行政の中枢で暮らす

東京23区の中で一番人口が多く、面積も第2位という世田谷区。松陰神社前エリアには、区民の憩いの場になるようにとベンチが置かれ、緑あふれるオープンスペースを有する「世田谷地方合同庁舎」が平成28年に開館しました。1階には、開館日と開館時間が拡大された「世田谷図書館」がリニューアルオープン。常駐するコンシェルジュが案内してくれる館内には、小鳥のさえずりを聞きながら本を閲覧できる「けやきの閲覧室」や、靴を脱いで本を読めるスペース「おはなしのへや」が新設されるなど、今まで以上に使いやすくなりました。さらに「世田谷区役所」「世田谷税務署」「世田谷保健所」など、行政の主な施設がこのエリアに集まっています。特に区役所を利用する機会の多い子育て世代にとっては、行政の施設が近いことはメリットになるでしょう。

世田谷地方合同庁舎

世田谷地方合同庁舎

ゆるやかな結びつきが心地よい、地域参加型・密着型スポット

歴史も文化も自然もある贅沢さ

幕末を感じさせる史跡が点在する松陰神社前エリア。落ち着いた雰囲気の住宅街に点在するカフェやショップ、商店街が主導する祭やイベントが多く、地元の人たちが交流する機会が多いエリアとも言えます。

松陰神社前エリアイメージマップ

【MAP①】松陰神社

松陰神社

学問の神様・吉田松陰を祀る「松陰神社」。安政の大獄により処刑された松陰を、幕末の志士・高杉晋作らが毛利家の別邸だったこの地に埋葬しました。山口県萩市にある松下村塾を再現した建物は、修繕を終えたばかりで、境内の見どころのひとつとなっています。そんな松陰神社は、吉田松陰を偲ぶだけでなく、このエリアを象徴するスポット。松下村塾の面々が繰り広げる幕末野外劇などが披露される「幕末維新祭り」(毎年10月開催)のメイン会場でもあります。

住所:世田谷区若林4-35-1
TEL: 03-3421-4834
開門時間:7:00〜17:00

【MAP②】松陰神社通り商店街

松陰神社通り商店街

活気ある「松陰神社通り商店街」は、「松陰神社前」駅をはさんで南北に広がります。毎月最終土曜、この日だけのお買い得品が並ぶ「ふれあいおかみさんDAY」や、「松陰神社通りのみの市」(毎月第1日曜日)などイベントが多いだけでなく、雑貨屋、カフェ、本屋などおしゃれでこだわりの強い店主が営む店が増えたことで、「松陰神社通り商店街」での過ごし方は実にさまざま。子どもから大人まで幅広い世代が思い思いにゆったりとした時間を楽しんでいます。

住所:世田谷区若林3-17-9
TEL:03-3487-1641(松陰神社通り松栄会商店街振興組合)

【MAP③】若林公園

若林公園

松陰神社に隣接する広大な「若林公園」は昭和37年に開園。50年以上、地元の子どもたちの成長を見守ってきた、歴史ある公園です。園内には世田谷百景と名木百選に選ばれたスジダイ群があり、緑がとても豊か。特に夏場は木陰に入るとひんやりして、一時の涼を感じられます。滑り台やブランコ、砂場など子ども向けの遊具が充実しており、日中は子どもたちの元気な遊び声が響いています。「若林公園」は、まさに「松陰神社前」駅周辺にある街のオアシスです。

住所:世田谷区若林4-34-2

【MAP④】世田谷のボロ市

世田谷のボロ市

東京都指定無形民俗文化財指定されている「世田谷のボロ市」は、毎年12月と1月に開催される世田谷の名物イベント。骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な商品が販売されます。毎回来場者で埋め尽くされてしまい、歩くのも大変な通称ボロ市通りには、区立郷土資料館や代官屋敷という観光スポットもあるので、併せて訪れたいところ。売り切れ必至の名物である「代官餅」は、あんこ、きなこ、からみの3種類。販売される「代官屋敷」前にできる長蛇の列は、ボロ市では見慣れた光景です。

住所:世田谷区世田谷1付近

【MAP⑤】松陰PLAT

築50年以上の木造アパートをリノベーションした「松陰PLAT」は、“町のプラットフォーム”がコンセプト。街のインフォメーションスポット「せたがやンソン」や、生活雑貨、カフェ、ギャラリーなど、暮らしの小さな起点に出会える全9店舗が入っています。

「松陰PLAT」は東急世田谷線の線路脇。2階のカフェ&ギャラリー「タビラコ」では、手づくりスイーツやコーヒー、軽食を味わいながら、のんびり走る電車を窓から眺めることができます。

住所:世田谷区世田谷 4-13-20|営業時間:店舗により異なる|定休日:店舗により異なる

松陰PLAT

個性あふれる店には「好き」が詰まっている

こだわりと居心地の良さが自然に同居

松陰神社通り商店街を中心に、おしゃれで居心地のいいカフェやショップが集まる松陰神社前エリア。世田谷区らしい洗練かつトレンドを取り入れた店構えと、地元の常連さんで常に賑わうというアットホームさが同居しています。

松陰神社前エリアイメージマップ

STUDY スタディ(カフェダイニング)

自然体でくつろげる、松陰神社前の定食屋さん

店名の「STUDY」は、吉田松陰にちなみ「日々勉強させていただく」という謙虚な気持ちを表しているのだとか。グリーンとおしゃれな小物が飾られた店内はテーブルとテーブルの間を広くとっているので開放的。ベビーカーでも入りやすい広さのため、常連さんにファミリー層が多いというのも納得です。

料理は野菜を豊富に使ったデリがワンプレートに彩りよく盛られた定食がメイン。他にもパスタやカレー、スイーツといった王道のメニューが揃っていますが、どれもひと口食べると心を込めて手づくりされている感じが伝わってきて思わずほっこりします。「平日限定でモーニングを始めました。ランチだけでなく、仕事で遅くなった夜などは、軽く一杯飲みながら定食を食べていただきたいですね。気取らず日常使いしてほしいです」(岡本三四郎店長)。時折イベントも開催されているので、散歩しながらのぞいてみるのも楽しいお店です。

STUDY スタディ(カフェダイニング)

デリが選べてコストパフォーマンスも良い「DELIが選べるお肉定食」

STUDY スタディ(カフェダイニング)

気軽な定食屋は、国産ワインやクラフトビールなどアルコール類も豊富

STUDY スタディ(カフェダイニング)

開放的で明るい店内は、自宅のリビングのようにくつろげる

住所:世田谷区若林4-20-7|電話:03-6804-0160|営業時間:モーニング(平日のみ)9:30〜11:30/ランチ12:00〜15:00/ティータイム15:00〜18:00/ディナー18:00〜22:00(21:00L.O)、日曜11:30〜18:00(17:30L.O)|定休日:無休

松波ラーメン店(ラーメン)

体にいい滋味豊かなラーメンを、しゃれたお店で

6人がけのカウンターとテーブル席が3つというシンプルな店内は、カフェだと言われても納得しそうなおしゃれな雰囲気。大きな窓からは、東急世田谷線の愛らしい車両の往来が見えます。威勢のいい店員さんの元気な声が響くようなお店はちょっと入りにくいという女性でも、気遅れすることなく入店できるのが「松波ラーメン店」の特徴です。

「うちのような昔ながらの味わいを、懐かしいと感じていただけているのだと思います」と語る松濤勇一店長がつくる支那そばが看板メニュー。どんぶりからこぼれる優しいスープの香り。何杯でも飲みたくなるすっきりとしたスープに歯ごたえのある細めのちぢれ麺は、さらさらっとあっさり完食できてしまいます。なるべく体に良い素材を使っているという同店のメニューには各ラーメンに使われている素材の栄養素などが書かれているので、注文する前にぜひチェックしていただきたいところ。支那そば以外にも担々麺やワンタン麺、季節限定ラーメンも食べ逃せません。

松波ラーメン店(ラーメン)

初めて食べたのになぜか懐かしい。看板メニューの支那そば

松波ラーメン店(ラーメン)

東急世田谷線の線路脇に佇むラーメン店は常連さんで盛況

松波ラーメン店(ラーメン)

テーブルやイスの間隔が広く、落ち着いて食事を楽しむことができる

住所:世田谷区若林3-19-7|電話:03-5787-8789|営業時間:11:30〜14:30、17:00〜22:00 ※日曜は11:30〜15:00|定休日:水曜、第2・4木曜

Soranicle ソラニクル(セレクト雑貨&ハンドメイド)

小さな店内にあふれるエスプリ感

「ソラニクル」は、ヨーロッパの蚤の市をイメージした小さな雑貨屋さんです。ヨーロッパ各地で買い付けたアンティークのオブジェやファブリック、国内のクラフト作家による手づくりの作品、それから八木田雅子店長のお眼鏡にかなったセレクト雑貨が所狭しと並んでいます。

食器や調理道具、アクセサリー、洋服、文房具など種類豊富に揃えてありますが、それらが不思議と調和し、お店独特の個性になっているようです。女性なら思わず「かわいい!」と口にしてしまうようなお気に入りが見つかるでしょう。「とても小さなお店ですが、いろいろなものを置いているので、宝探しのような気持ちでじっくりとご覧になっていただきたいですね」と話す八木田店長やスタッフが手づくりしているアクセサリーも人気だそうです。チェーンの長さの調整やイヤリングのピアスへの交換などは、その場ですぐに対応してもらえます。お店の方と気軽にお話をしてみるのも楽しいでしょう。

Soranicle ソラニクル(セレクト雑貨&ハンドメイド)

さりげなく自己主張する雑貨たちはどれもお手頃価格

Soranicle ソラニクル(セレクト雑貨&ハンドメイド)

玄関脇にはお買い得商品が置かれている。お見逃しなく!

Soranicle ソラニクル(セレクト雑貨&ハンドメイド)

ずっと眺めていたくなる、そんなソラニクルの店内

住所:世田谷区若林3-17-4|電話:03-6450-8760|営業時間:平日・土曜11:00〜17:00/日曜・祝日12:00〜17:00|定休日:不定休

クラッシィハウス世田谷松陰神社前

※掲載の情報は平成28年12月時点のものです。
※電車による所要時間は日中時のものです。乗り換え・待ち時間は含まれておりません。